交通事故調査の調査内容とは

探偵社や興信所が交通事故調査依頼を受けた際、どのような調査を行うのでしょうか。

どの調査でもまず、調査依頼者との綿密な打ち合わせを行います。個個で得られる情報により、調査内容、調査方法、最終的には費用も左右されてくるのです。
調査依頼者との打ち合わせが終了後、実際の調査となりますが例えば調査対象者が事故の被害者であれば被害者が請求してくる損害、怪我をした場合の治療費、さらに慰謝料などが請求された際に、それが妥当性があるかを確認するために、調査対象者の素行調査を行います。
高額な治療費を請求しながら病院いもいかず、通常の生活を維持しているなんてこともあり得るからです。
任意保険に加入していない交通事故の加害者から調査依頼を受けた場合は上記の素行調査に加え、示談交渉も行ったりしますし、示談交渉の根拠データ取得に意味も込めて、事故後に警察が行う実況見分に立ち会うことで事故の真相をつかみます。
探偵社も興信所もオールマイティーに何でもこなせる業者もおれば、専門性をウリにしている業者も存在します。交通事故調査は専門性がかなり高く、業者選びがポイントとなります。