酵素は実は手作りできます

酵素ドリンクを買おうとおもうと思っているよりも高いと感じるかもしれません。それならば手作りで酵素ドリンクを作ってみるというのはどうでしょうか?実は酵素は手作りすることが可能なんです。

酵素を手作りする場合には、初めて作るときには一つの果物から作ることがおすすめです。手軽な物としてはリンゴ酵素ドリンクがおすすめです。リンゴ酵素ドリンクを作る場合には、きれいに熱湯消毒した瓶を使います。まずりんごは皮ごとしっかりと水洗いをしてから、皮も種もすべて細かく刻んで瓶に入れます。この時に砂糖と刻んだリンゴとを交互に瓶に入れていきます。

砂糖は白糖よりも黒糖の方がおすすめです。リンゴと砂糖を入れた瓶をよくシェイクしてリンゴと砂糖をなじませてお酢またはレモン汁を振りかけて軽く瓶の蓋をしめます。しばらくすると砂糖が溶けていき発酵が始まります。シュワシュワと炭酸を入れたような泡が出てきたら、リンゴ酵素が発酵してきたという証です。

一日2回くらいかき混ぜて発酵を続ければ、リンゴ酵素が出来上がります。慣れてきたらリンゴ以外にも果物や野菜を入れて作ってみてください。原液は砂糖を入れているので甘いため、水や炭酸水などで割って飲むとさわやかでおいしい酵素ドリンクになりますので、ぜひ試してみてください。