ニードル脱毛とフラッシュ脱毛との違いや効果

形式としてかなり古いものですとニードルといった脱毛法が施術されていました。

このニードル脱毛というのは、皮膚に電気の針を通して脱毛する施術なので、現代行われているフラッシュ式と比較すると時間や手間が多く掛かる方法ですが高い効果が期待できます。

その代わり、ニードル脱毛は毛穴に針を差し込むので、ある程度の痛みがあります。

正直なところ、エステシャンの技術レベルによっては、間違って毛穴以外を刺してしまい、かなり痛い思いをすることもあるようです。

一方、痛みがほとんどないのがフラッシュ式の脱毛サロン。

中でも特に、『キレイモ』は脱毛器のフラッシュ面をマイナス4℃に冷却しているので、痛みが全くと言っていいほどないと評判になっています。
参考サイトは⇒キレイモの痛み

また、都度払いできる脱毛サロンも珍しくなくなってきました。

事前の入金などはしなくていいし、ローンも組まなくて済みますし、サロンの利用が続けられなくなればお金のことを考えずにやめることができて都合の良い方法です。しかし、都度払いの時は割高料金になっているのが一般的です。

全体の費用をおさえて少しでもお得に、と考えるなら都度払いは考えない方がいいかもしれません。お店でムダ毛処理を、と思った時に、脱毛サロンと脱毛クリニックの違いに困惑する方もいるでしょう。脱毛サロン、脱毛クリニック、両者の間には決定的な違いがあります。

脱毛クリニックはレーザー脱毛で処理するのに対し、世の中のほとんどの脱毛サロンでは光脱毛という方法を使います。強力な光を使って処理するレーザー脱毛は、国家資格である医師免許所持者しか施術することができません。月々の支払いを求められる脱毛サロンの中には予約の希望が聞き入れてもらえなくて引き落としだけが毎月されるところもあります。

あと、施術されたところは少しの間、間隔を空けないと施術をしてもらえないので、一定の範囲でしか脱毛を希望しない場合、無駄なお金を支払う羽目になりかねません。本当に利点があるのか計算しなおしてみて下さい。

脱毛エステのお店でアトピーの人がサービスを受けることができるのかというと、お店によっては断られてしまうこともあったり、「施術を受けても問題ない」という医師による同意書を求められることもあります。

容易に目で確認できるほど肌の荒れや湿疹、炎症などがあると、脱毛はできませんし、するべきではありません。

そして、もし、ステロイドを利用していると、炎症を起こす可能性もないとは言えませんので、注意しておくべきでしょう。